BRFN

BRF/BRFN芯の互換性

パイロットの高価格筆記具のうち、本体価格2,000円以下のものやドクターグリップシリーズには樹脂製のBRFN-10Fが、それ以上の高級品には金属芯のBRFN-30Fなどが入っている。これらはほぼ同じ形状をしているが、BRFN-10Fのみペン先の途中から一回り太くなっている。このため、初期芯としてBRFN-10Fが入っている軸にBRF-20/BRF-25/BRFN-30を入れることはできるが、初期芯としてBRFN-30F等が入っている軸にBRFN-10Fが必ず使えるとは限らない。
これらと近い寸法のリフィルとして、水性B型のLNシン-25EFがある(写真一番下)。ゲルインクのBLGS芯もほぼ同じ全長・外径だが、ゲルL型を短くしたような形状でペン先径2.5mmと一回り太いため、これらとは互換性がない。

BRF
替芯名称 ボール径 全長 外径 ペン先径
BRFN-10EF/F 0.5/0.7mm 86.6mm9 6.0mm 2.3mm
BRF-20EF 0.5mm 86.5mm
BRF-25B/BB 1.2/1.6mm 86.1mm
BRFN-30EF/F/M 0.5/0.7/1.0mm 86.8mm
LNシン-25EF 0.5mm 87.1mm 6.2mm
9) 実測値。カタログ表記の全長は86.8mm

左: ドクターグリップにBRFN-10Fを入れたペン先
右: ドクターグリップにBRF-25BBを入れたペン先
BRFN-BRF-tip

なお、BRFN-10Fのペン先径2.3mm、一回り太くなった部分の外径3.1mm、ペン先からスプリング止めの位置まで21mmというのはBSRF芯と同じであり、BRFN-10Fが入る軸の多くで上軸側にBRFN芯より細長いBSRF芯が入る穴が設けられている。このため、BRFN-10Fの代わりにBSRF芯を入れることも可能になっている。BSRF芯の互換芯は数多くあるため、0.5/0.7mmの黒・赤・青しかないBRFN-10EF/Fの代わりに、ボール径や色、あるいはインクの種類の異なるリフィルを利用することもできる。

BRFN-10F-LRN5H
10) 2本入りの替芯(品番 XLRN5H-A2)にはノック式でも使えるようクリンプが付いていたが、エナージェル多色・多機能用の1本入り替芯(品番 XLRN5H-A)にはクリンプが付いていないので注意。

ドクターグリップにLRN5Hを入れたペン先
LRN5HinDrGrip

クーペなど一部の製品では、スプリングを内径の広いものに交換すればBRFN-10Fの代わりにLNシン-25EFを使うことができる(スプリングは無印良品の選べるリフィルペンポリカーボネイト六角軸のものが無加工で流用できる)。ドクターグリップは二重構造のラバーグリップのために下軸の内部が狭くなっており、LNシン-25EFが内部の金属パイプを通らないため使えない。
LN-in-Coupe

クーペにLNシン-25EFを入れたところ
LN-in-CoupeUp

ドクターグリップはLNシン-25EFがここまでしか入らない
LN-in-DrGrip

BRF/BRFN芯の互換リフィルはゼブラのST-0.7芯(廃番)くらいしかなく現状ではほぼパイロット専用となっているが、長さを約25mm延長すればゲルK型互換軸で使えたり、長さを11mmほど延長してペン先を2.54mm程度になるよう調整すれば一部の油性G2型互換軸で使えるなど、意外と応用範囲の広いリフィルでもある。

例えばぺんてるのハイブリッドテクニカノックにはゲルK型のKFRN芯が入っているが、LNシン-25EFに付属するキャップを後ろに挟めばBRFN-10FやLNシン-25EFを無改造で入れることができる。
TECHNICA-Knock

KFRN芯が入ったハイブリッドテクニカノック
KFRN-in-TECHNICA-Knock

BRFN-10Fを入れたハイブリッドテクニカノック
BRFN-in-TECHNICA-Knock

LNシン-25EFを入れたハイブリッドテクニカノック
LN-in-TECHNICA-Knock

  • 最終更新:2020-06-30 08:34:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード